両者の相違点

手を差し出す女性

ゾビラックスにしても、バルトレックスにしても、ヘルペス治療にとても効果的な治療薬であることは確かです。
しかし、それぞれに含まれる成分が異なることから、効き目に違いがあります。
ゾビラックスの主成分であるアシクロビルよりも、バルトレックスの主成分であるバラシクロビルの方が効き目が強く、その結果、1日の服用回数が異なります。
ゾビラックスの場合は1日に5回の服用が必要なのに対して、バルトレックスなら1日3回の服用で済みます。
そのため、バルトレックスを服用する方が、飲み忘れによるリスクを回避しやすくなっています。
これらのヘルペス治療薬に限らず、医薬品というのはそれぞれ用法用量が決まっており、正しい服用が絶対です。
誤った服用方法をしてしまえば、その医薬品が持つ効果を最大限に発揮することができないほか、体に悪影響を及ぼす副作用を生じさせる原因にもなります。
多忙な人であったり、薬を飲む習慣があまり身についていない人は、1日の服用回数が少ないバルトレックスを選ぶ方が得策かもしれません。
実際、以前はゾビラックスの利用者が多かったものの、最近ではバルトレックスを服用する人が増えています。

1日の服用回数や最近の風潮からすればバルトレックスを服用する方がいいと言えます。
しかし、医薬品というのはみんなが安全に服用できているからといって、自身もそうとは限らないものです。
それぞれの体質によって医薬品との相性がありますし、現在すでに他の医薬品を服用している場合は併用禁止と定められているケースもあります。
ゾビラックスであろうとバルトレックスであろうと、まずはそれぞれの用法用量に関する基本的な情報を仕入れることが重要です。
そのうえで自分がどちらを服用すべきかを考えましょう。